購買管理システムに必要な機能とは?

購買は販売と並ぶ重要な業務です。「商品」「材料」「部品」などの発注とその入荷・検収を管理します。購買管理システムには、どのような仕様が必要なのかを考察します。1.「発注あり」と「発注なし」購買業務は、その形態によって2つのパターンに分けられます。1つは「発注あり」のパターン。もう1つは「発注なし」のパターンです…

パーキンソンの法則から業務改革を考える

今から50年以上前、C.N.パーキンソンが発見したある法則があります。「役人の数は、仕事量に関係なく一定割合で増加する」という法則です。 これを現代の企業に当てはめれば、「社員の数は、仕事量に関係なく一定割合で増加する」です。パーキンソンの法則は「組織の中で人がどのようにして増えていくのか?」「ムダな仕事が増え…

収益認識基準が5ステップになった理由と対策

これまでの会計では、あまり深く考えずに売上を計上していました。それに対して、新しい収益認識基準は売上を計上するために5つのステップを設けています。ステップ1「契約の識別」ステップ2「履行義務の識別」ステップ3「取引価格の算定」ステップ4「取引価格の配分」ステップ5「収益の認識」なぜこれほどステッ…

おすすめ記事